④可哀想な母を私が助ける

④可哀想な母を私が助ける

 

 

家族関係から起こる迷いや
躊躇の原因を探り迷わず行動できる
解決の糸口を見つける


3つの自問型
【トレジャーワーク体験シート】
トレジャーマップ体験シート
 

もうダウンロードされ、
実際に書きだしてみましたか?

 

ダウンロードは下記より
「トレジャーサーチ創作辞典365」
メルマガ登録をしてくださると
メールにて送らせていただいています。

トレジャーサーチメール



 

 

私がなぜこの3つの自問型
「トレジャーワーク体験シート」
を作ったのか・・

 

どうやって私が母との関係性を
修復できたのか・・
についてお話ししています。

 

 

 

 

母との問題はそこからは
さらに複雑になり、
解決されるには長い期間を
要しました。

 

その後どういう経過に
なったかというと・・

 

私が母のヒーリングを行う
ことになりました(汗)

 

過去の色々なことが噴出して
きてしまった母に対応せず
にはいられなくなってし
まったのです。

 

しかし、肉親に対して中立な
立場を保ちながらヒーリング
セッションを行うことは
大変難しいことで、

 

それを行うために私は真剣に
自分のセルフヒーリングに
取り組むことになります。

 

これは、母の話しを聞かない
ように避けていた私自身の
問題と向き合うチャンスを
もらったということです。

 

ここでその時の状況を振り
返って考えてみます。
①それまで母からいつも
他者の愚痴や悪口を聞か
せられ続けていた私の心の
中の声はなんだったのでしょう


 

・もうそんな話を何時も
聞くのは嫌だ!


・私も忙しいのだから
お母さんにしょっちゅう
時間を取られたくない!


・お母さんの悲しみや辛い
気持ちを聞かされ続けて
私まで一緒に巻き込まれる
のはもうこりごり!

このような想いを持って
いたのにそれまで母に伝えず
にだまって話しを聞いていて、
それに堪えられなくなった
ので逃げ出していたと
わかります。

 

逃げているだけでは何も
解決しませんし、母との
関係性も悪化していったのは
当たり前ですね!!

 
②次に私は本当は母と
どんな関係性を作りたいと
望んでいたのか考えました。


 

・一緒にいる時には楽しい
会話がしたい


・話しを聞くだけでなく
本当は私の話しも聞いて
もらいたい


・お母さんが辛い思いを
私にさせたくないと私の
心配をするのは分かるけど
信じて欲しい。

いつも誰かを悪者にする分、
私や妹のことは、ねこ可愛がり
していた母に反発することが
ないまま私は育っていたのです。

 

母は弱い可哀想な人で、私が
母を助けなければと幼い頃に
決めたことで、

 

本当の気持ちを母に伝える
のをやめて自分が我慢を
していたのです。

 

明日に続きます。