アイドリング状態から踏み込む!

アイドリング状態から踏み込む!

 

 

昨日の続きです。

 

 

”脳”は願いが叶う前に、嫌な感じを

味わいたくないので

アクセルを離してしまう=
省エネモード
に戻ってしまいます。

ハンドル
 

願った事柄を

”考えないようにしてしまう、忘れてしまう、諦めてしまう”

ということが起こるのです。

 

 

ではどうすれば願いや目標が

達成されるのでしょう・・。

 

 

自動車もアイドリング状態で

いる時には省エネモードで

抵抗なくエンジンが回っています。

 

 

目的地に向かって動き出し、

アクセルを踏み込んだ時に

ガソリンを消費する・・

エネルギーを使うのですね!

 

 

抵抗感があったとしてもアクセル

を踏み込み続けると、ふっと

エンジンの音が軽くなって

スムーズに動きだします。

 

 

するとどうなるでしょう・・

 

 

軽々とスピードが出て目的地に

到着することができるのです!

 

 

これと同じようなことが私たちの

”脳”にも組み込まれていると

考えると分かりやすいと思います。

 

 

ですから新しい目標に向けて

スタートした時に抵抗感を感じた

としても一気にアクセルを踏み

込んでしまうことをおすすめします。

 

 

踏み込んで、辞めて、踏み込んで、

辞めて・・とやり続けると、

ずーっと苦しい状態が長引くこと

になるからですね!

 

 

そして一度踏み込んで出たスピード

を弱めないためにも、たくさんの

テーマ・次の目標を”脳”に与えて

おく必要があるのですね!

 

 

大きな目標を達成しました!

誰でも次の目標の前に一休み

したいって思います。

 

 

しかし、休んでしまうと

省エネモードに戻った”脳”は動き

始めることに抵抗するのです!

 

 

こんな”脳”の特徴を知ることで

ハンドルを持つ主導権を”私”が握る

人生を生きることができるのです。

 

 

では、明日は

<② 本当に叶えられるとは信じていない>についてお話しいたします。

 

 

お楽しみに!