自分で決められる

他者にあなたのことを勝手に決め

られてしまうということは

絶対にありません。

 

花
 

なぜ絶対になどと言えるのか

には理由があります。

 

 

 

あなたの嫌なことは受け入れな

ければ良いからです。

 

 

 

今までにあなたがもし、嫌なこと

を受け入れていたとしたら

 

 

 

その嫌なことを受け入れたほうが

良かった利点があるからに

他ありません。

 

 

 

社会的なことで考えてみると勤めて

いる会社で部署移動の辞令が

でたとします。

 

 

 

嫌だけれども断らないとしたら、

あなたの決めたことは断って会社を

辞めることになるのを避ける

ためでしょう。

 

 

 

だとしたら会社があなたに無理

やりに部署移動をさせたわけ

ではありませんね。

 

 

 

あなた自身が自分で辞めないほう

が徳だという選択をしたのです。

 

 

 

あなたには嫌な会社を辞めて新しい

仕事をするという他の選択肢が

いつもあるのです。

 

 

 

このように社会的なことや、自分

以外に起きている状況では分かり

やすいのですが

 

 

 

ここで問題なのは自身の育って

きた親や周りの大人達との

関係性です。

 

 

 

赤ちゃんの頃から親や周りの大人、

学校の先生などからは様々な

ことを教わってきます。

 

 

 

もちろん社会で生きてゆくための

しつけは必要です。

 

 

 

しかし、そのしつけをされる時に

このような余分なものまでも

一緒に受け取ってしまうのです。

 

・ダメダメ
・しょうがないね
・のろまだね
・バカじゃないの
・ほらだから言ったじゃない
・人に迷惑をかけてはいけない


 

 

 

幼いころから言われ続けてきた

ことがあなたの人生に大きな

影響を与えているのです。

 

 

 

「あなたの本当に望んでいることはなに?」

 

 

 

と聞かれても答えられない、考え

られないと言われる方が

とても多いのです。

 

 

 

ですから【トレジャーマップワーク】

ではそのような制限になっている

「セルフイメージ」を変更して

ゆくワークを行うのです。