連載1「トラウマなんて何もありません!」という”カン違い”


 
 
こんにちは!
 
 
 
昨日から、肌寒く感じる
梅雨空ですね。
 
 
 
 
昨日から、募集開始しています。
 
「カン違い」に気づく
スペシャルな90分で、
3年後の幸せな感情を発掘し
心のストッパーを外します
 
 
「心のストッパー根こそぎ
除去セッション」
 
 
▼▼お申込み詳細はコチラから▼▼
%%%_LINK_4925_%%%
 
 
 
 
 
お待たせしました!
(楽しみに待っててくれる方が
いると信じて(笑))
 
 
 
 
今日からYさんの連載事例を
お話しいたします。
 
 
 
 
Yさんは大きな愛にあふれた女性で、
素晴らしい働きをされて
いらしゃいます。

 
 
 
体験セッションにお越し
くださいましたので、
色々お話しをお聞きしました。
 
 
 
 
するとニッコリと
「私にはトラウマなんて何も
ありません!全てに感謝だけです」
言われます。
 
 
 
 
わたし:
「トラウマは無いのですね、
では、幼少期の頃のことを
教えてください」
 
 
 
Yさん:
「私は、姉を母にして、何でも
姉に頼っていました。
とても愛されました」
 
 
 
わたし:
「本当のお母様はどうされた
のですか?」
 
 
 
Yさん:
「母は、体の弱い妹のモノでした。
私は母が本当に大好きです」
 
 
 
わたし:
「その頃のYちゃんの気持ちを
教えてください」
 
 
 
Yさん:
「ですから、私は姉に愛されて
いましたから感謝です」
 
 
 
わたし:
「では、幼いYちゃんは、
お母様にはどうしてもらいた
かったと思いますか?
 
 
 
Yさん:
「・・・こっちを向いて
もらいたかったです・・」
 
 
 
わたし:
「そのようにお母様に言ったことは
ありますか?」
 
 
 
Yさん:
「ありません!母を困らせる
ことになりますから」
 
 
 
わたし:
「幼いYちゃんは、どう感じて
いるのですか?」
 
 
 
Yさん:
「寂しくて、心細くて、悲しくて、
シクシク、シクシク泣いています」
 
 
 
〜〜ここで、Yさんは実際に
  涙を流されます。
 
 
 
わたし:
「Yさん、その悲しみが
40年以上たった今でも
残っていますね、
それをトラウマと名付けて、
解放してあげることを選びませんか?」
 
 
 
Yさん:
「そんなことができるのですか!?
それは過去の終わったことで、
今は全て感謝に変わって
いると思っていました」
 
 
 
わたし:
「今の大人のYさんは、
過去を感謝に変えることで、
納得されているとは思いますが、
幼い頃のYちゃんにはそれは、
伝わってはいないようですね」
 
 
 
Yさん:
「そうです、まだ悲しんで
泣いているその子が観えます」
 
 
 
〜〜ようやく、Yさん自身の過去に
解放したほうがよい
”トラウマとなっている思い込み”
が見つかってきました。
 
 
childrens-eyes-1914519_640.jpg
 
 
 
 
明日に続きますね!
 
 
 
 
 
起業家として絶対に成功したいと
思っているのに、過去から学んで
しまった「カン違い」があることで、
それが”心のストッパー”になり、
動けなくなることがあるのです。
 
 
 
 
動こうとすると、家族に問題が
起こったり、自分自身が体調を
崩してしまう・・。
 
 
 
 
そのようなことの原因となって
いる「カン違い」を見つけ出すことで、
 
 
 
 
心のストッパーが外れ、
本来の力が発揮できる自分に
なることができるセッションです。
 
 
 
 
心のストッパーは起業家の
リスクです!
 
 
「カン違い」に気づく
スペシャルな90分で、
3年後の幸せな感情を発掘し
心のストッパーを外します
 
 
「心のストッパー根こそぎ
除去セッション」
 
 
お申込み詳細はメルマガから
 
 
06.jpg