加藤さん連載2〕自分ではみえないストッパーを解明


 
 
こんにちは!
 
 
 
今日から4月!晴れやかにスタート!
と、いきたいところですが、
今朝も寒いです〜〜。
 
 
 
 
さて、昨日から
ハンドメイド起業プロモーター
加藤あさみさんの事例を
お伝えしています。
 
 
 
 
加藤さんは、半年間の
トレジャーサーチ深掘りセッション
をお受けになられたことで、
大きく変化されました。
 
 
 
 
・自分のやりたいことが明確になった
 
 
・セミナー告知が満席になった
 
 
・不安を感じずに仕事に打ち込める
 
 
・家族との関係性も良好になった
 
 
 
などなど・・
 
 
 
 
6ヶ月間の締めくくりの
セッションで、加藤さん自身は、
もう解決したいことは
思いつかないと言われました。
 
 
 
 
しかし、わたしには、
まだ一番大きなテーマが
残っていることが見えて
いましたので、
加藤さんに提案いたしました。
 
 
 
 
わたし:
加藤さんは、一月に何日か、
体調を崩して寝込まれている
ように見えるのですが・・。
 
 
 
加藤さん:
それは、生理の前には昔から
そうなのです。
 
 
わたし:
そうなのですね、
それで何か困っているとしたら、
その問題がどんな最高に
改善したらいいですか?
 
 
 
加藤さん:
特に困っていません。
生理前の数日には、
重要な仕事は入れないで
おけるので、
返って予定が立てやすいです。
 
 
 
 
〜〜ここに、加藤さんが
体調を崩すことのメリットが
見えているのがお分かりでしょうか?
 
 
 
 
わたし:
では、もし、ず〜〜っと
体調が良い状態が続いたら、
どうなりますか?
 
 
 
加藤さん:
疲れてしまって、本当に倒れて
しまうかもしれません。
 
 
 
 
〜〜やはり加藤さんは、
毎月、体調を崩すことで本当に
倒れてしまわないようにしていると
分かってきました。
 
 
 
 
わたし:
今までの人生で、
本当に疲れてしまって病気になった
経験はどこにありますか?
 
 
 
加藤さん:
初めて就職して、
大きな店舗を店長として
任された時に、体調を崩して
長期に休むことになって
しまいました。
 
 
 
わたし:
その時は、どんな気持ちでしたか?
 
 
 
加藤さん:
すごく辛かったです。
早く復帰しなければ、
みんなに迷惑をかけてしまうと
焦っていました。
 
好きな仕事だったので、
辞めたくはありませんでした。
 
 
 
わたし:
その時と同じような感情を感じた、
もっと昔の経験はどこにありますか?
 
 
 
加藤さん:
もっと前ですか・・。
 
 
 
desert-749692_640.jpg
 
 
 
 
〜〜〜話しを聞いていくと、
加藤さんの小学生の頃の
思い出がよみがえってきました。
 
小学校低学年の頃、クラスの友達に
馴染めず、学校に行きたく
なかった加藤さんでした。
 
 
 
ここからは、明日に続きますね!
 
 
 
わたしのオリジナルの
深堀セッションでは、
 
 
 
現在の問題を解決するための、
根本原因となっている
過去に、さかのぼって質問を
していきます。
 
 
 
一見、何も関係がなさそうな
過去の出来事が、あなたの
現在の問題に大きく
影響していることがあるのです。
 
 
 
そして、自分ではそのことに
気づくことがないのです。
 
 
 
明日から、そのお話しも
してまいりますね。
 
 
 
 
 
今日も読んでくださって
ありがとう〜